日本板硝子、太陽電池パネル用ガラス製造設備を新設へ

  • 印刷
  • 共有

日本板硝子(NSG/東京都港区)は8月5日、マレーシアにおいて太陽電池パネル用透明導電膜(TCO)付きガラス製造設備を新設する計画を明らかにした。生産開始は2024年3月期第4四半期を予定している。

今回の投資は、薄膜太陽光発電パネルメーカーであるファーストソーラー社(米国)の生産拡張方針に沿って進められる。なお、同投資は、製品販売契約の締結と政府による認可、インセンティブの提供が条件となる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報