日本に必要な再エネ電源は?「地球沸騰化」の認知度は? 電通、脱炭素調査

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

電通(東京都港区)は11月30日、15~79歳の男女1400人を対象に、第12回「カーボンニュートラルに関する生活者調査」を実施し、「地球沸騰化」に関するニュースの認知率などを明らかにした。

国連事務総長が発言した「地球沸騰化」の認知度は?

調査では、国連のグテーレス事務総長が「地球沸騰化」という表現で警鐘を鳴らしたことについて、どの程度知っているかを尋ねた。

その結果、認知率は(確かに知っていると見聞きしたことがあるの合計)45.3%だった。

年代別では、70歳代(72.8%)が最も高く、次いで、60歳代(55.6%)、15~19歳(52.8%)と続いた。一方、20歳〜50歳代の認知度は低く、いずれも40%を下回った。

「地球沸騰化」に関するニュースの認知率(出所:電通)
「地球沸騰化」に関するニュースの認知率(出所:電通)

日本に必要な再エネ電力の第1位は水力、第2位は?

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事