東京ガス、上下水道設備を活用したDRによる調整力を容量市場へ提供

  • 印刷
  • 共有
潮見台配水所、加瀬水処理センター(出所:東京ガス)
潮見台配水所、加瀬水処理センター(出所:東京ガス)

東京ガス(東京都港区)は9月20日、神奈川県川崎市において、上下水道施設の送水ポンプ等を活用したデマンドレスポンス(DR)による調整力を、容量市場へ提供するための実証実験等の取り組みを開始すると発表した。

川崎市が公募した「川崎市上下水道局DRの試行に係るアグリゲーション業務」の実施事業者に選定されて実施する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事