三菱自・リコーら、企業の軽EV導入加速へ実証実験

  • 印刷
  • 共有
共同実証実験の流れ(出所:リコー)
共同実証実験の流れ(出所:リコー)

三菱自動車工業(東京都港区)、ディー・エヌ・エー(DeNA/同・渋谷区)、リコージャパン(同・港区)は9月15日、企業における電気自動車(EV)の導入を促進するため、軽EVの効率的な運行と、最適なエネルギーマネジメントの実現に向けた共同実証実験を開始したと発表した。

今回の実証実験では、リコージャパン埼玉支社に営業車として、三菱自動車製の軽商用EV「ミニキャブ・ミーブ」を3台導入する。EVの運行データや充電データなどの車両情報と、事業所の使用電力データを収集し、同事業所におけるEVの運用状況を分析する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報