環境省、屋外照明の「ゼロエミ」化に補助金

  • 印刷
  • 共有

環境省は8月9日、スマートライティング(通信ネットワーク化したLED街路灯等)と、太陽光パネル一体型LED街路灯等の導入に向けた計画策定と、その設備導入を支援する補助事業の2次公募を開始した。公募期間は9月16日(17時必着)まで。執行団体は地域循環共生社会連携協会(東京都港区)。

この事業では、地域のさらなるCO2削減の実現に向けて、屋外照明のスマートライティング化・ゼロエミッション化のモデルを構築することを目的としている。スマートライティングについては、そのネットワーク基盤を通じて、地域の太陽光発電を効果的に活用するために必要な日射量等の気象データの収集を行う。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報