清水建設ら、国内最大級112MWの洋上風力発電建設へ

  • 印刷
  • 共有
石狩湾新港洋上風力発電施設の完成予想CG(写真提供:グリーンパワーインベストメント)
石狩湾新港洋上風力発電施設の完成予想CG(写真提供:グリーンパワーインベストメント)

清水建設(東京都中央区)と日鉄エンジニアリング(東京都品川区)は9月9日、両社による共同企業体が、国内最大級の商用洋上風力発電所となる「石狩湾新港洋上風力発電所」(北海道石狩湾新港)の新設工事に着手したと発表した。商用運転開始は2023年12月を予定している。

同発電所は、新港から約1,600m沖合、約500haの石狩市と小樽市にまたがる海域に計画されている。発電容量は112MW(接続容量約99MW)。8MWの風車14基と66kVの海底ケーブル約15.5kmから構成される。

この建設工事は、グリーンパワーインベストメント(GPI/東京都港区)が、特別目的会社(SPC)の合同会社グリーンパワー石狩を通じて推進しているもの。GPIは9月9日、この事業にかかわる融資契約を締結したと報告した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報