政投銀、水素関連の英ベンチャーキャピタルに出資 投資先との橋渡しも

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

日本政策投資銀行(DBJ/東京都千代田区)は2月16日、英国の水素分野に特化したベンチャーキャピタルのAP Ventures(APV)が運営するファンド「AP Ventures Fund Ⅲ LP」に対し、出資契約を締結したと発表した。

同ファンドは、APV社にとって3号目のファンドで、グローバルな水素市場の拡大に必要となる、革新的な水素技術を有するスタートアップを投資対象としている。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事