旭化成グループ、LIB向け次世代技術を共同開発へ

  • 印刷
  • 共有

旭化成(東京都千代田区)は8月23日、同社グループでリチウムイオン電池(LIB)の乾式セパレータを製造・販売する米Celgardが、米American Battery Factory(ABF)と、LIB関連の製品開発に関する戦略的提携契約を締結したと発表した。両者は米国で正極にリン酸鉄リチウム(LFP)を使用した、信頼性の高い角型LIB用の次世代製品の実用化に向け、共同開発を進める。

今回の提携は、乾式セパレータのトップメーカーであるCelgardが、米国で正極にLFPを使用した安全で信頼性の高いLIBのギガファクトリーの実現を目指すABFと提携し、同国内でLFPを使用したLIBの生産・供給体制の確立を目指すものだとしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報