三菱ふそうトラック、EV電欠時に代替輸送を補償

  • 印刷
  • 共有
「eCanter」次世代モデルのイメージ(出所:三菱ふそうトラック・バス)
「eCanter」次世代モデルのイメージ(出所:三菱ふそうトラック・バス)

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC/神奈川県川崎市)は9月15日、電気自動車(EV)トラックが電池切れ(電欠)した場合に代替輸送費用を補償するプログラムの提供に向けて、東京海上日動火災保険(東京都千代田区)と保険契約を締結したと発表した。提供開始は2023年春以降の予定。

同保険の詳細は以下のとおり。

電欠時のほか、事故対応も補償

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報