パナソニック、米・⾞載電池の第2工場建設が決定 24年稼働

  • 印刷
  • 共有
(出所:パナソニック エナジー)
(出所:パナソニック エナジー)

パナソニック エナジー(⼤阪府守⼝市)は10月31日、米国カンザス州における⾞載⽤円筒形リチウムイオン電池の新工場建設を正式に決定し、11月からの建設開始、2024年度中の生産開始を目指すと発表した。同工場は、ネバダ州に続く、同社の米国⾞載電池第2工場となる予定。

新工場の初期生産能⼒は30GWh程度を予定。今後も継続して北米における⾞載⽤円筒形リチウムイオン電池のラインナップ強化と、生産能⼒の拡⼤を目指すとしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報