政投銀、小型水循環システムのWOTAに出資 スタートアップ向けファンドで

  • 印刷
  • 共有

日本政策投資銀行(DBJ/東京都千代田区)は11月18日、水問題の構造的な解決に向けて「小規模分散型水循環システム」の普及を推進するWOTA(東京都中央区)に対し出資を実行したと発表した。

今回の出資は、スタートアップの創出・育成、イノベーションエコシステムの構築等に向けた取り組みを推進するため設置した資金枠「DBJスタートアップ・イノベーションファンド」の第一号案件として実施した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報