大気中のCO2を回収する「DAC技術」実用化へ加速 九大、企業に出資

  • 印刷
  • 共有
(出所:九州大学)
(出所:九州大学)

九州大学は11月24日、双日(東京都千代田区)が主体となって設立した新会社Carbon Xtract(同)に出資し、事業に参画すると発表した。同大学が開発中の分離膜を用いて大気からCO2を直接回収する技術「Direct Air Capture(DAC)」の早期実用化を目指す。

知財化支援も実施、実用化を加速

九大が開発中のDACは、ナノ分離膜を用いたDAC技術で、通称「m-DAC(R)」と呼ばれる。空気を膜でろ過するだけでCO2を回収・濃縮する世界初の技術であり、装置化が実現すれば、さまざまな場所でのCO2回収が可能になるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事