住友重機械、インドネシアの脱炭素へ技術協力

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

住友重機械工業(東京都品川区)は1月12日、インドネシア国営電力(PLN)の関連会社であるPJB Servicesと、同国政府主導のエネルギー分野におけるカーボンニュートラル政策に対する技術協力に関して、覚書を締結したと発表した。締結日は2022年12月23日。

バイオマス領域での実績などが評価

同国政府は2060年までに温室効果ガス(GHG)排出量実質ゼロという目標を打ち出している。実現に向けて段階的な石炭火力廃止・バイオマスへの燃料転換や、再生可能エネルギー発電比率の大幅な向上を計画。あらゆる企業に協力を求めている。また、同国には再生可能エネルギー源として利活用が期待されるバイオマスの賦存量が非常に豊富にある。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事