タイガー魔法瓶、使用済みステンレスボトルの回収率10%へ 30年までに

  • 印刷
  • 共有
(出所:タイガー魔法瓶)
(出所:タイガー魔法瓶)

タイガー魔法瓶(大阪府門真市)は6月21日、ステンレス製ボトルのリサイクル・リユース・リフィルによるサーキュラーエコノミー(循環型経済)のアクションにおける新たな目標を発表した。2030年までに使用済みステンレス製ボトルの回収率10%、リサイクル樹脂を使用したステンレス製ボトルの割合50%、パートナー100社(企業・自治体・団体含む)との協業を目指す。

6月21日から京阪ホテルズ&リゾーツが運営する京阪グループのフラッグシップホテル「THE THOUSAND KYOTO(ザ・サウザンド キョウト)」(京都府京都市)とコラボし、宿泊者へのオリジナルボトルの貸し出しと、家庭で不要になったステンレス製ボトルの回収を開始する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報