西村環境大臣と米長官、脱炭素・循環経済での連携確認

  • 印刷
  • 共有

環境省は9月2日、西村明宏環境大臣とリーガン米国環境保護庁長官による日米環境政策対話の結果を発表した。

今回の対話では、環境保護に関する国際・地域・二国間での協力を継続するための成果や優先事項について協議した。具体的には、気候変動と脱炭素、海洋ごみと循環経済、化学物資管理、環境教育と若者に関して、情報・意見を交換し、これらの分野において、日米で連携して取り組むことを確認した。その成果については共同声明としてまとめ発出した。

対話の概要は、以下のとおり。

気候変動と脱炭素について

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報