三菱重工、シンガポール初の「水素焚き発電所」建設へ

  • 印刷
  • 共有
調印式の様子(出所:三菱重工)
調印式の様子(出所:三菱重工)

三菱重工(東京都千代田区)は8月31日、ケッペル社との間で、シンガポール初の水素焚き発電所建設に向けたEPC(設計・調達・建設)契約を締結したと発表した。グループの三菱パワーアジア・パシフィックとシンガポールのエンジニアリング会社であるジュロン・エンジニアリング社とのコンソーシアムにより実施する。

今後、シンガポール南西部のジュロン島サクラ地区に、60万kWの最新鋭ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電所を建設する。同発電所は30%の水素を含む燃料で運転できるように設計。さらに水素での専焼発電にも対応できる機能を備える。完成は2026年上期を予定する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報