富士通、「脱炭素交通」実証 CO2排出15%削減

  • 印刷
  • 共有
実証の概要(出所:富士通)
実証の概要(出所:富士通)

富士通(東京都港区)は10月26日、脱炭素交通の実現に向けて、データ共有に基づくデジタルソリューションの実証を行った結果、食品・飲料品などの輸送を行うフリート事業者の電気自動車(EV)充電によるCO2排出量を15%削減できたことを確認したと発表した。

デジタルコラボレーションの有効性を検証

このデジタルコラボレーションの実証は、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)が推進する企業間データシェアリングによる脱炭素交通の一環として、WBCSD、オランダのコンサルティング会社Arcadis、イギリスの電力会社National Gridと共同で行ったもの。実証結果は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報