岸田首相、「GX担当相」新設を表明

  • 印刷
  • 共有
長野県軽井沢町で開催された経団連の夏季フォーラムで講演する岸田首相(出所:首相官邸)
長野県軽井沢町で開催された経団連の夏季フォーラムで講演する岸田首相(出所:首相官邸)

岸田 文雄首相は7月22日、日本経済団体連合会の夏季フォーラムで講演を行い、経済・社会・産業構造の変革に向けて、GX(グリーントランスフォーメーション)実行推進担当相とともに、国内におけるスタートアップ企業の育成を支援するためのスタートアップ担当相を新設すると表明した。

講演のなかで、首相はロシアのウクライナ侵攻に伴う原油高などを踏まえ、「エネルギー供給システムの根本からの見直し、エネルギー安定供給を実現できる体制構築が急務となっている」と述べた。またパリ協定の実現に向けて「2050年カーボンニュートラル実現も追求しなければならない」と強調した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報