地熱発電で「酸性熱水資源」を活用できるシステムを開発

  • 印刷
  • 共有
「地熱発電プラントリスク評価システム(酸性熱水対応版)」 基本画面(出所:NEDO)
「地熱発電プラントリスク評価システム(酸性熱水対応版)」 基本画面(出所:NEDO)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は10月20日、地熱技術開発(東京都中央区)、エヌケーケーシームレス鋼管(神奈川県川崎市)、京都大学、産業技術総合研究所が地熱発電プラントのリスクを評価する新システムを開発したと発表した。

熱水成分を分析、酸性の場合の腐食速度などを解析

システムの名称は「地熱発電プラントリスク評価システム(酸性熱水対応版)」。このシステムは、地熱発電用の熱水が酸性であると判明した際に、発電所の建設において最適な材料の検討を支援する。主な機能は以下の5つ。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事