大塚製薬ら、ペットボトル水平リサイクル開始 国内循環を促進

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

大塚製薬(東京都千代田区)は11月16日、アルテック(同・中央区)、ジャパンパワーボトラーズ(福井県坂井市)と共同で、ペットボトルの水平リサイクルを開始すると発表した。使用済みペットボトルを回収、リサイクル樹脂として再生し、ペットボトル国内完全循環モデルの実現を目指す。

この取り組みでは、ジャパンパワーボトラーズが、回収した使用済みペットボトルを選別、破砕・洗浄し、飲料容器用途フレークとして再生する。その後、アルテックが同フレークを使用し、飲料容器用途再生樹脂や再生樹脂を使用したプリフォーム(ペットボトルの原型となる材料)の製造を担う。大塚製薬がこのプリフォームを使用し、飲料製品を製造・販売する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報