太陽光発電からシェアサイクルに「自動充電」 長野で実証

  • 印刷
  • 共有
(出所:エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ)
(出所:エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ)

ドコモ・バイクシェア(東京都港区)、エヌ・ティ・ティ・コムウェア(同)、NTTアノードエナジー(同・東京都千代田区)、エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ(同・新宿区)の4社は11月1日、グリーンエネルギーで発電した電力で電動アシスト自転車を自動充電するシステムの実証を長野県上田市・千曲市で行うと発表した。

同実証は「上田市・千曲市広域シェアサイクル社会実験」の一環として、11月8日から12月18日まで行われる。

バッテリー交換に伴うGHGがどのくらい減少するかを検証

同実証の詳細は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報