「エネルギー白書2024」 省エネや脱炭素化でエネ危機に強い構造転換を 

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

政府は6月4日、エネルギー動向や、2023年度においてエネルギーの需給に関して講じた施策の状況をまとめた、「令和5年度エネルギーに関する年次報告」(エネルギー白書2024)を閣議決定した。

この白書の特徴となる第1部では、例年通り「福島復興の進捗」、そして「カーボンニュートラルと両立したエネルギーセキュリティの確保」「GX・カーボンニュートラルの実現に向けた課題と対応」の3つのテーマについて取り上げている。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事