三菱電機、複数拠点間で自己託送 国内4拠点をつなぐ大規模実証を実施へ

  • 印刷
  • 共有
社内実証拠点と「マルチリージョンEMS」のシステム構成(出所:三菱電機)
社内実証拠点と「マルチリージョンEMS」のシステム構成(出所:三菱電機)

三菱電機(東京都千代田区)は2月8日、同社独自のクラウドサービス型ソリューション「マルチリージョンEMS(エネルギーマネジメントシステム)」を活用し、異なる3つの電力エリアの4拠点をつなぎ、再エネ電力や蓄電システムの最適運用を検証する大規模社内実証を開始すると発表した。期間は2024年3月からの約2年間。

4拠点の電力データをリアルタイム連携し、効率的な運用を図る

マルチリージョンEMSは、再エネ電力を複数拠点間で自己託送や蓄電システムの最適な運用をすることにより、拠点ごとの脱炭素化目標の達成を支援できる。

今回の実証では、四国電力エリアの受配電システム製作所(香川県丸亀市)、関西電力エリアの系統変電システム製作所 赤穂工場(兵庫県赤穂市)、電力システム製作所(兵庫県神戸市)、中国電力エリアの福山製作所(広島県福山市)の4拠点を、「BLEnDer (ブレンダー)DEP」によりリアルタイムで連携し、デジタルツイン上で各検証を行う。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事