大和リース・東京製鐵ら、建材アップサイクルで連携

  • 印刷
  • 共有
再資源化のスキーム図(出所:大和リース)
再資源化のスキーム図(出所:大和リース)

大和ハウスグループの大和リース(大阪府大阪市)、電炉製鋼メーカーの東京製鐵(東京都千代田区)、鉄スクラップの専業商社ナベショー(大阪府大阪市)の3社は9月21日、使用済みリース用建築部材の再資源化に関する枠組みを確立することを目的に協定を締結した。

この取り組みでは、捨てられるはずだったものに新しい価値をプラスして元の状態より価値を高める「アップサイクル」を推進する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報