商船三井ら、アンモニアを燃料とする外航液化ガス輸送船の開発開始

  • 印刷
  • 共有
外航液化ガス輸送船のイメージ(出所:商船三井)
外航液化ガス輸送船のイメージ(出所:商船三井)

商船三井(東京都港区)は6月24日、三井E&S造船(同・中央区)、常石造船(広島県福山市)と共同で、アンモニアを燃料とする外航液化ガス輸送船の建造に向けた開発を開始したと発表した。竣工・運航開始は2026年頃を予定している。

同船は、燃焼時にCO2を排出しないアンモニアを燃料として使用可能な主機関を搭載した中型アンモニア・LPG輸送船で、貨物として積載したアンモニアの一部を燃料として使用し、航海中のCO2排出量ネットゼロを実現する。また、同船は主要なアンモニア・LPGの出荷や受入港への入港が可能で、多様な航路への投入が見込まれている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報