レンゴー、CO2削減へ燃料転換 発電用バイオマスボイラ新設

  • 印刷
  • 共有
3号ボイラ設備(出所:レンゴー)
3号ボイラ設備(出所:レンゴー)

レンゴー(大阪府大阪市)は7月1日、CO2削減に向け燃料転換を進めるため、利根川事業所(茨城県坂東市)に発電用バイオマスボイラを新設すると発表した。八潮工場(埼玉県八潮市)内の設備に次ぐ2機目のバイオマスボイラで、10月に稼働予定。

新設する発電用バイオマスボイラ(3号ボイラ設備、蒸気量:117トン/h)は、首都圏で排出される建設廃材由来の木質チップやRPF(固形燃料)、廃タイヤなどを主な燃料とする。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報