COP27開幕 温暖化による「損失と被害」などが焦点

  • 印刷
  • 共有
(出所:UN Climate Change)
(出所:UN Climate Change)

国連気候変動枠組み条約第27回締約国会議(COP27)が11月6日、エジプトのシャルムエルシェイクで開幕した。議題として、途上国が求めていた温暖化による「損失と被害」を救済するための資金支援の検討などが正式に決まった。

冒頭、国連気候変動事務局長のサイモン・スティル氏は、「世界中の誰もが、毎日、どこでも、気候危機を回避するために、可能な限りのことをする必要がある」と述べうえで、COP27では以下の3つに焦点を当てるよう求めた。

気候変動の影響に対処するための途上国支援など

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報