パワーエックス、国内大手金融機関から15億円の資金調達

  • 印刷
  • 共有

蓄電池ベンチャーのパワーエックス(東京都港区)は11月15日、国内大手金融機関から15億円の融資による資金調達を実施したと発表した。調達した資金はバッテリー型超急速EV 充電器「Hypercharger」、定置用蓄電池「Mega Power」の生産・出荷に向けて投資するという。

同社は8月から「Hypercharger」と「Mega Power」の先行受注を開始。両製品の累計予約注文容量は11月時点で 248.4万kWh(約1,366億円相当)を超えたという。2023 年のテスト生産、2024年春からの本格製品出荷に向けた準備を進めている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報