【米国】パタゴニア、透明な「太陽光発電窓」を本社ビルに設置

  • 印刷
  • 共有
(出所:パタゴニア)
(出所:パタゴニア)

米ネクスト・エナジー・テクノロジーズは1月19日、カリフォルニア州にあるパタゴニア本社ビルに太陽光発電窓を設置したと発表した。この取り組みにより、運営費削減やビルの価値向上に加え、電力網への圧力や依存度の緩和、温室効果ガス(GHG)排出量の削減などを見込む。

今回パタゴニアは、本社ビルの南側に、ネクストが独自開発した透明な太陽光発電コーティング付き窓22枚を設置した。発電される電力は、主に携帯電話やパソコンなどの機器の充電に使用し、電力出力や充電情報はリアルタイムで確認できる。

窓による発電で屋上ソーラー30%分の電力を創出

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報