【米国】SLBとリンデ、CCUSで協業へ

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

米国石油サービス大手のSLBは10月31日、英国の産業用ガス大手のリンデと、CO2回収・貯留技術(CCUS)プロジェクトで協業を開始すると発表した。

今回の提携では、CO2が副産物として発生する水素やアンモニアの生産、および天然ガス処理に焦点を当てる。

グローバルなフットプリントを活用

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報