住宅の省エネ改修に新たな補助制度創設 断熱窓設置で最大200万円

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

経済産業省、環境省、国土交通省は11月8日、住宅の省エネ化の支援を強化すると発表した。既存住宅の窓(ガラス・サッシ)の断熱改修工事をはじめとした住宅の省エネリフォームを支援する新たな補助制度を創設するとともに、3省の連携により各事業をワンストップで利用可能にする。

同日、住宅の省エネ化への支援を強化するための新たな補助制度を盛り込んだ2022年度補正予算案が閣議決定された。補助制度はいずれも、国会での補正予算の成立が前提となる。

対象は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報