湖池屋九州工場、オンサイトPPAで再エネ導入 余剰電力はFIPで売却も

  • 印刷
  • 共有
湖池屋九州阿蘇工場(出所:テスホールディングス)
湖池屋九州阿蘇工場(出所:テスホールディングス)

テスホールディングス(大阪府⼤阪市)は10月10日、⼦会社のテス・エンジニアリング(同)が、湖池屋(東京都板橋区)の九州阿蘇工場において、オンサイトPPAモデルを活用した、太陽光発電システムによる再エネ電力の供給を開始すると発表した。

テス・エンジニアリングは、同工場の工場棟屋根に⾃家消費型太陽光発電システムを設置、オンサイトPPAモデルとして所有し、維持・管理を行う。供給開始は2024年6月予定。

余剰電力は売電や環境価値として提供

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事