住友商事、再エネ開発でインドネシア国営電力会社と協業

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

住友商事(東京都千代田区)は11月18日、インドネシアの国営電力会社であるP.T. Perusahaan Listrik Negara(PLN)と協業を開始すると発表した。

PLNは1970年代からさまざまな電源開発を手がけるなど、いち早く再エネへの取り組みを開始。これまでに世界各国で100件を超える関連プロジェクトに関わってきた。両社は今後、再エネ発電事業の新規開発と既存の石炭火力発電所の早期移管・退役などを共同で検討する。

電力ひっ迫が予想されるインドネシア

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報