東京電力PGなど送配電7社、発電側課金の導入に伴う割引エリアを公表

  • 印刷
  • 共有
発電側課金について(出所:電力・ガス取引監視等委員会制度設計専門会合)
発電側課金について(出所:電力・ガス取引監視等委員会制度設計専門会合)

東京電力パワーグリッド(東京都千代田区)など送配電事業者7社は10月17日、送配電設備の維持・拡充に必要な費用について、発電事業者に一部の負担を求める、系統連系受電サービス料金(発電側課金)の導入に伴う割引エリアを公表した。同料金の適用は2024年4月開始予定。

認可申請後、各発電者に個別通知

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事