JERA とIHI、マレーシア火力発電所でアンモニア混焼を検討

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

JERA(東京都中央区)とIHI(東京都江東区)は10月26日、マレーシアの火力発電所でのアンモニア混焼について、共同で検討を開始すると発表した。マレーシアにおけるアンモニア利用拡大を通じた脱炭素化への貢献を目指す。

JERA子会社のJERA Asiaと、IHIのシンガポール法人であるIHI Asia pacific(IHI AP)を通じて、マレーシアでの火力発電所の脱炭素化に向けた燃料アンモニアの利用導入・拡大などに関し、同国ステークホルダーへ共同提言活動を検討・実施するMoU(基本合意書)に調印した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報