西鉄自然電力ら、再エネ電力をうきは市の公共施設などに供給 新会社設立

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

西鉄自然電力(福岡県福岡市)、ランドブレイン(東京都千代田区)、西日本プラント工業(福岡県福岡市)、中山リサイクル産業(同・糟屋郡)、福岡県うきは市の5者は2月22日、共同出資により地域エネルギー商社カゼノネ(福岡県うきは市)を設立したと発表した。

再エネ電力には太陽光や木質バイオマスを活用

新会社を通じて、再エネ電力をうきは市の公共施設などに供給するなど、新たな地産地消モデル構築を目指す。

各者の役割は以下のとおり。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事