住宅用太陽光発電関連の補助金(神奈川県川崎市)

検索結果

住宅用太陽光発電・神奈川県川崎市の補助金

神奈川県川崎市の補助金の詳細は、以下の通りです。

市区町村選択へ戻る

川崎市で利用できる補助金 (2018年3月29日 時点)
川崎市住宅用創エネ・省エネ・蓄エネ機器導入補助金(個人住宅)(平成30年度) 複数の機器等を組み合わせて導入する者で、市内の個人住宅に居住(または転居予定)の個人が対象。

対象設備:HEMS、太陽光発電システム、エネファーム、定置用リチウムイオン蓄電システム、V2H、EV、PHV、ZEH、CASBEE戸建
受けられる補助金 太陽光発電システム:2.5万円/kw(上限8.7万円)
家庭用燃料電池システム(エネファーム):3万円
定置用リチウムイオン蓄電システム:1万円/kWh(上限10万円)
ビークル・トゥ・ホームシステム(V2H):5万円
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH):10万円
CASBEE戸建の環境効率の評価結果が「A」以上となる住宅:5万円 
申請期間 2018/4/2~2019/3/8
問い合わせ先 川崎市環境局地球環境推進室
TEL: 044-200-2514  HP
川崎市で利用できる補助金 (2018年3月29日 時点)
川崎市住宅用創エネ・省エネ・蓄エネ機器導入補助金(共同住宅の共用部)(平成30年度) 複数の機器等を組み合わせて導入する個人で、市内の共同住宅の所有者または管理組合が対象。

対象システム:HEMS、太陽光発電システム、エネファーム、定置用リチウムイオン蓄電システム、V2H、EV、PHV
受けられる補助金 太陽光発電システム:2.5万円/kw(上限8.7万円)
家庭用燃料電池システム(エネファーム):3万円
定置用リチウムイオン蓄電システム:1万円/kWh(上限10万円)
ビークル・トゥ・ホームシステム(V2H):5万円 
申請期間 2018/4/2~2019/3/8
問い合わせ先 川崎市環境局地球環境推進室
TEL: 044-200-2514  HP
川崎市で利用できる補助金 (2018年8月2日 時点)
平成30年度市内事業者エコ化支援事業(第4回) 対象設備を導入する市内の中小規模事業者または中小企業者等が対象。
※詳細はHP参照。

【対象設備】
太陽光発電設備(10kW未満)、太陽熱利用設備、風力発電設備、小水力発電設備、地中熱利用設備、バイオマス利用設備、蓄電池、空調設備、照明設備(設備工事を伴うものに限る)、燃焼設備。
上記と併せて導入する「エネルギー管理装置(EMS装置)」
※詳細はHP参照。
受けられる補助金 補助対象経費の1/4を補助。※低CO2川崎ブランド認定製品導入時は1/3。上限額は200万円。 
申請期間 2018/12/3~2019/1/4
問い合わせ先 川崎市環境局地球環境推進室
TEL: 044-200-3873  HP

協力:サンテックパワージャパン株式会社

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.