> コラム > 環境 新製品:PVインバータ/安川電機

環境 新製品:PVインバータ/安川電機

環境ビジネス編集部

記事を保存

太陽光発電向け 最大出力効率を実現するパワーコンディショナー

PVインバータ

PVインバータ

安川電機が太陽光発電向け電力変換装置「パワーコンディショナー」を開発した。

太陽電池モジュールが発電する電流は直電流だが、商用電源は交流。パワーコンディショナーは、直流を交流に変換したり、電圧を変圧したりして、商用電源との接続の橋渡しを効率よく行う装置だ。太陽電池モジュールで発電した電力を、いかに無駄なく家庭用の電力に変換できるか。電力変換率がパワーコンディショナーの重要ポイントだ。

安川電機のパワーコンディショナーは、出力10kW、AC200Vで、94%という高い変換率を実現している。電流の周波数を変えるインバータや、太陽電池の直流電圧をインバータが必要とする電圧まで昇圧する昇圧回路、電力の質を向上させる系統連結制御などが搭載されている。安川電機が誇るインバータ技術 「3レベル制御」を応用した。3レベル制御では、より細かい制御ができるため、太陽電池特性に合わせて、太陽電池の出力が最大となるよう制御することが可能となった。

価格は、ごく一般的なインバータと共通の半導体などを使うことで、10kWの装置で1台70万円以下に抑えたい考え。

安川電機では、モーション用インバータで培った技術をフル活用して、今年の秋までに高品質な太陽電池用インバータを商品化する計画。国内や海外のパネルメーカーやシステムインテグレータなどを対象に売り込む。

 
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.