リサイクルマーケット最新動向

「鉛の危機」に無頓着な政府

これまで、鉛バッテリースクラップの韓国向け輸出事情を追い続け、国に対し、早急に対策を高じるべきだと繰り返し警鐘を鳴らしてきた。では、鉛電池に関わる国内メ―カーはこの事態に対し、どのように考えているのだろうか。

鉛バッテリーに対する危機感の薄さ

「二次精錬メーカーは国に陳情を行っているが、血が流れていることを認知してもらうのは、まだ弱いです。大きな打撃になるとわかっていても、自動車メーカーや電池メーカーの反応はまだ鈍く、特に大きな動きになる気配は今のところありません。自動車メーカーはまだどこからでも安いバッテリー製品が買えると考えており、原料問題は遠い世界のようにみている。問題が問題として広がっていないことが問題といえるかもしれない」

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報