リサイクルマーケット最新動向

鉛需給ひっ迫、電池生産に忍び寄る危機

※画像はイメージです
※画像はイメージです

国内での鉛供出量はひたすら減少傾向を辿っている。特に、鉛バッテリースクラップを原料として再生鉛を生産する二次精錬からの供給量は大幅に低下。廃バッテリースクラップの韓国向け輸出急増による原料集荷減で今年は生産能力比50~60%減というかつてない厳しい状況に追い込まれている。年間6万~8万トンの再生鉛供給量は2012年ではこの半分の3万~5万トン程度まで落ち込むことが予想される。

11月の鉛バッテリースクラップ輸出量は前年同月比2.8倍の7,357トンはほぼ全量が韓国向け。11月までの累計輸出量は68,561トンで過去最高を更新している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報