> コラム > 中規模ビルでCO2排出を40%減少させる50の技術
オフィス未来図

中規模ビルでCO2排出を40%減少させる50の技術

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

戸田建設は、昨年3月、自社事業として、収益性の確保と高い環境性能を両立させたテナントビル「TODA BUILDING 青山」(東京都港区)を竣工した。投資効果の面から中規模オフィスビルには環境技術を導入するケースが少ない中、先駆的な事例として注目されている。

地上8階建ての中規模テナントビルである「TODA BUILDING 青山」は、戸田建設の環境事業におけるリーディングプロジェクトと位置付けられている。同社環境戦略委員会委員長の樋口正一郎氏は「中規模テナントビルを建てるときの参考事例を示すことで、普及・波及効果を狙った。また、自社で企画・設計・施工・建物の管理運営までを一貫して手掛けることで、同様の建築物の受注活動に活かしていきたいと考えた」とプロジェクトの目的を語る。

50の環境技術をコーディネート

本ビルでは最先端技術から一般的な技術まで多種多様な50の環境技術を導入し、従来の事務所ビルのエネルギー消費量(2,303MJ/平方メートル・年)と比べて40%減のエネルギー量での運用を可能とした。

建物の環境性能を格付けするCASBEE(建築環境総合性能評価システム)で最高のSランクを獲得しているほか、建築物の断熱性能と省エネ性能を合わせた東京都の環境性能評価でも最高ランク(段階3-3)の設計となっている。

(※全文:1,966文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

オフィス未来図 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.