> コラム > 微生物で発電「田んぼを電池に」
産学官連携のスキーム

微生物で発電「田んぼを電池に」

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

自然界に眠る力や身近に放出されるエネルギーを利用した環境発電が注目を集めている。千葉県野田市の市民農園の一角では、日本の原風景である水田をまるごと電池にする、ユニークな研究が進んでいる。

東京薬科大学生命エネルギー工学研究室の渡邊一哉教授らの研究グループは、土の中の微生物を利用した「田んぼ発電」に取り組んでいる。

田んぼの稲は光合成をして成長する過程で、有機物の一部を根から土の中へ放出する。稲の根圏にはさまざまな微生物がいて、中には有機物を分解し電子を細胞の外に出す微生物もいる。この電子を電極で集めて流すことで発電するのが「田んぼ発電」。稲と微生物の生きる力を電気に変える、自然に優しい循環型のシステムだ。

(※全文:2094文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

産学官連携のスキーム バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.