> コラム > 高知県初のソーラーシェアリングがスタート(2)

高知県初のソーラーシェアリングがスタート(2)

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

前回の続き購入した競売物件の農地が農業に適さないことに気付き、一転、米作りから椎茸の原木栽培へ。地元農業委員の協力と助言に背中を押されて、太陽光発電所は順調に稼働する。

ソーラーシェアリングの導入を決断後、日本政策金融公庫からの資金(1800万円)の借り入れや電力会社との系統連系などの交渉もトントン拍子に運んだ。ただし、高知県では前例がないことから、ソーラーシェアリングについて必要な知識をどこから得ることができるのか、見当がつかなかった。そんな時に、たまたまインターネットで検索していて目に入ったのが、転用申請をサポートしているソーラーシェアリング協会(千葉県市原市 ※ページ下部参考リンク参照)だった。

小田さんは早速、会員になることで、一時転用の申請の際に鍵を握るといわれる知見資料を取得することができた。農林水産省の通達によると、一時転用申請には申請書に添付する書類として、発電設備が営農に与える影響の見込みと、その根拠となるデータ、または必要な知見を有する者(普及指導員、試験研究機関、設備の製造業者など)の意見書が必要になる。

(※全文:1,414文字 画像:なし 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.