> コラム > 太陽光の雇用創出は約6万人、1兆円規模にまで成長

太陽光の雇用創出は約6万人、1兆円規模にまで成長

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度を開始した2012年以後、太陽光発電市場は大幅に拡大した。経産省によると、2013年度の年間出荷量は9GW、累積市場規模も18GWを超えた。

このように太陽光発電普及が加速したのは、発電設備の開発期間の短さという要因もある。電源別に開発期間を見ると、陸上風力は4~5年、バイオマスで3~4年、小水力発電でも2~3年の開発期間がかかる。太陽光発電は住宅用なら2~3カ月程度。メガソーラーでも1年前後で発電設備が整う。そのため、他の再生可能エネルギーよりも開発期間が短い太陽光に認定が集中するという現状がある。

その一方で、太陽光発電には高コストの課題も残る。経産省では太陽光発電の導入量を大幅に拡大する施策として次の3点を掲げている。(1)高効率パネルの開発や流通の合理化により、家庭の電力料金24円/kWh以下を目指す。(2)人材育成策の充実や、上場インフラファンド導入等金融手段の多様化により、適正な競争環境を促進し、さらなる低コスト化を実現する。(3)平地以外の未導入分野(建物壁面・傾斜地等)への設置技術を開発し、多用途化を推進する。

(※全文:3,071文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.