> コラム > わが国最大100MW超えのメガソーラー施設の誕生

わが国最大100MW超えのメガソーラー施設の誕生

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

現在最大の70MWp鹿児島七ツ島メガソーラー発電所(京セラ、鹿児島メガソーラー発電)を抜いて、わが国最大、100MW超えのメガソーラー施設が誕生する。

三井物産株式会社とソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うSBエナジー株式会社(本社:東京都港区、社長:孫正義)は、共同で発電事業に参画し、北海道勇払郡安平 町において大規模太陽光発電所(メガソーラー)「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク」を2015年度冬の運転開始を目指している。

(※全文:580文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.