> コラム > 小形風力発電機 注目メーカー一覧(2014年9月版)

小形風力発電機 注目メーカー一覧(2014年9月版)

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

小形風力発電とは、JISにおいては受風面積200平方メートル以下(プロペラ型で直径16m以下)と定義されている。また、再生可能エネルギー固定価格買取制度では風力発電の買取価格は20kW未満では税抜き55円/kWhとなっている。

小形風力発電の用途では、発電した電気を蓄電池に貯め災害時用や照明などの自家消費用として使用する「独立型」と、電力会社に売電する「系統連系」がある。大型の風力発電と同様、風の強さで発電量は大きく変わるため、設置地点の風速を確認した上で用途にあった機種を選ぶ必要がある。

(※全文:365文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.