> コラム > 日本の太陽光発電市場を後押しする5つの提言

日本の太陽光発電市場を後押しする5つの提言

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2014年7月31日。来日した、国際太陽エネルギー学会(ISES)会長のデビッド・レネ氏の講演会が、自然エネルギー財団主催で開催された。テーマは「太陽光発電の世界的な拡大と日本への提言」。太陽光発電の現状と今後の可能性についてレポートするシリーズの最終回は、太陽光発電のさらなる普及と安定化に向けた、デビッド氏による日本への提言をまとめる。

コスト低下と便益の社会認識を高める

固定価格買取制度の導入で、産業用を中心に急激に広がっている日本の太陽光発電市場だが、世界の潮流である〝グリッドパリティ〟にはまだ遠い。第1回から3回にわたって伝えてきた、世界と日本の太陽光発電の普及事情や未来予測、課題である系統への接続についてのレポートを踏まえ、今、デビッド氏が日本に提言したいことは大きく5つあるという。

(※全文:1,420文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.