> コラム > 接続保留問題 ― 再エネのあるべき姿について

接続保留問題 ― 再エネのあるべき姿について

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

10月23日・24日の二日間に渡って「日本版FIT/太陽光発電の大量導入時代を迎えて」をテーマに、太陽光発電システムシンポジウムが開催された。九州電力の接続回答保留の発表を受け、これからの再生可能エネルギーのあるべき姿について、講演とパネルディスカッションが行われた。

雨の中始まった同シンポジウムだったが会場は満席となり、太陽光発電の将来への関心の高さがうかがえた。

開会挨拶として太陽光発電協会理事長の下村氏が登壇し、先の九州電力の回答保留問題に触れ、これは買取りや受付の停止、中断ではないことを強調した。今回の問題により国民の電気代負担が重くなる、FITを根本から見直しすべきといった極端な議論ではなく、業界全体の知恵や工夫で前進すべきだと語った。

(※全文:2,404文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.