> コラム > 2015年の電気事業と再生可能エネルギーの展望と課題(前編)

2015年の電気事業と再生可能エネルギーの展望と課題(前編)

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

買取制度の見直しが行われ、太陽光発電にとって先行きが気になる。中長期的な再生可能エネルギー発電と電力会社の取引は。買取価格推移は、取引量の限界値は。再生可能エネルギー発電事業者と新電力と取引の予測は。太陽光発電事業者は、今後の電力事業環境を、どのように把握、理解すべきかを整理した。

広域的運営推進機関(広域機関)が発足(2015年4月)

電力の供給計画を求め、持続可能な電力の需給バランスを監督

電気事業法の改正による電力システム改革の第1弾として、広域的運営推進機関(以下、広域機関)が4月に発足する。広域機関は中立的な立場から電力の持続可能な需給バランスが取れるかを監督する機関で、長短期にわたって電力を安定供給できるよう電力会社をサポートする。日本エネルギー経済研究所化石エネルギー・電力ユニット、電力・スマートコミュニティーサブユニット電力グループマネージャー研究主幹の小笠原潤一氏は、「広域機関は電力の安定供給のため新規参入を含めた電力会社に電力の供給計画を求め、持続可能な電力の需給バランスとなるかどうか監督し、需給のひっ迫した緊急時には周囲の地域の電力を融通できるよう斡旋する」とその役割を説明する。

(※全文:2,557文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.