> コラム > 低コスト化が進み、スマートハウスは、電力インフラに

低コスト化が進み、スマートハウスは、電力インフラに

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

省エネ住宅の開発が背景にあるスマートハウスは日本独自の技術として注目される。進む低コスト化と燃料電池などの技術革新で、再エネ本来の強みを発揮できる新たな分散型電源として電力インフラに組みこまれる可能性もある。

メガソーラーを中心に普及拡大した日本の再エネは、理想に描いた構想とは違った、いびつな供給構造を形成している。果たしてエネルギーのベストミックスになるのか――。そう、日本総合研究所の常務執行役員 創発戦略センター所長 井熊均氏は、疑問を投げかけ、本来再エネは分散型であるべきではないか、と語る。

★本記事は3月16日発売 季刊「環境ビジネス」2015年春号にも掲載されています。
【特集】グリッドパリティ達成後の市場対応

雑誌も届く、環境ビジネスお得な3大購読特典が付いた
プレミアム会員の登録はこちら

(※全文:1,814文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.